週5回の30分間ウォーキングで心臓病や脳卒中を予防

2015年11月11日

ウォーキングが体に良いことは、ほとんどの方がご存知かと思います。
しかし、実際にはどのくらい歩けばよいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その目安について本日はお話しいたします。

ウォーキングは最も基本的な身体活動です。
しかし、健康維持には必要不可欠な非常に大きな要素と言えます。

実はウォーキングを1週間のうち5回、30分間のウォーキングを行うことで、心臓病や脳卒中の予防につながることがわかっているのです。
ですが、ただ歩けばよいというのではなく、活発にてきぱき歩くことで効果が期待できます。
意識の持ち方として、腕を大きく振り、歩幅を大きくするとよいでしょう。

ウォーキングはいつどこでも取り組むことができ、費用も掛かりません。

また、脳卒中は一度起こしてしまうと、血管に重大な障害をもたらしてしまい認知症の原因になってしまう場合があります。
ウォーキングを行うことで、脳卒中の予防を行うことができますので、ひいては認知症の予防にもつながるということです。

相対的に、様々な効果をもたらしてくれるウォーキング。
時間を見つけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄