脳卒中予防に葉酸を!

2016年06月13日

葉酸といえば、妊娠を望む女性や妊婦の方が摂取するとい良いといわれています。
しかし、女性だけでなく男性にも高血圧症の成人に対して重要な働きをすることが分かってきたのです。

葉酸には、動脈の内壁に損傷が加わると脳卒中や心臓発作のリスクが高まりますが、葉酸は他のビタミンB群とともに、損傷を与えるアミノ酸のホモシステインを分解する働きをしてくれます。
また、葉酸の摂取量が少ないと、貧血や衰弱、疲労感や集中できない、頭痛や動悸、息切れなどの症状が現れてきます。

日本の男性は葉酸摂取量の推奨量には達しています。
ただし、栄養の吸収障害のある人や、アルコール依存の人は葉酸が不足してしまう可能性が高まります。
アルコールは、葉酸の吸収と代謝を妨げ、分解を加速されてしまいますので、お酒の飲み過ぎは注意してください。

葉酸は、基本的に食事から摂取しますが、不足している分はサプリメントなどを活用することをオススメします。
ですが、葉酸は過剰摂取しても問題が出てきてしまいます。
がん発症後に多量の葉酸の摂取が、がんの進行を早めてしまうリスクがあるのです。

サプリメントなどで摂取する場合、葉酸の量が1000㎍を超えるような高含有のものを摂取する場合は注意しましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄