エアコンによる低体温症にご注意ください

2017年08月16日

皆様、お盆はゆっくりお過ごしになられましたでしょうか。
お盆を過ぎて、少し朝晩が涼しくなってきたように感じます。
しかし、まだまだ暑い日は続いていますので、寝るときにエアコンをかけたまま眠るという方も多いかと思います。

エアコンをかけたまま眠ると、就寝時は快適ですが朝起きた時に体の調子がイマイチという方はもしかすると『エアコン低体温症』になってしまう可能性があります。
人の基礎代謝は36.5度程度と言われていますが、35度以下に低下した状態が低体温症です。
体温が36.5度程度であれば、体の新陳代謝が活性化し免疫力も高まります。

しかし、エアコンの温度を下げすぎたり長く当たりすぎていると、必要以上に体の体温を下げてしまい、頭痛や腰痛、自律神経失調症、不眠などの症状を引き起こす原因にもなります。
症状が悪化すると、意識障害に陥ってします可能性もあるので、油断は禁物です。

そうならないための対策としては、当然エアコンの温度設定に気を付けることです。
暑い時には、エアコンの温度を低く設定してしまいがちですが、できるだけ27度程度に保つようにしましょう。
また、汗をかいた状態でエアコンに当たると急激に体温が奪われてしまいますので、汗でぬれた服を着ている場合は着替えてからエアコンの効いた室内に入るようにしましょう。

エアコンだけでなく、食べ物や飲み物も冷たいものを飲んだり食べたりしてしまいがちです。
冷えは万病のもとですので、体を冷やしすぎないように心がけてください。


『化粧品・サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄