みかんに含まれるポリフェノールで緑内障を改善?

2017年08月18日

みかんには、ビタミンCなどの抗酸化成分が豊富に含まれていることはみなさんご存知かと思います。
ただ、ヘスペリジンという成分を耳にしたことはありませんか?

ヘスペリジンとは、みかんの皮に含まれるポリフェノールの一種です。
マウスを使った実験では、ヘスペリジンを投与したマウスと投与していないマウスの細胞を調べたところ、生き残った細胞膜神経の数がヘスペリジンを投与したマウスのほうが多かったのです。
これは、酸化ストレスの指標である脂質過酸化物や細胞死を誘導するたんぱく質の活性化や、炎症性サイトカインの発言を抑制することによる、神経保護作用が働いたためだと考えられています。

さらに、ヘスペリジンが網膜障害によって起こる脳波の減弱や視力の低下を防ぐことも実験で明らかになっています。
つまり、ヘスペリジンの網膜保護神経節細胞を守る働きによって、緑内障性の網膜神経節細胞障害を軽減できる可能性があるのです。

ヘスペリジンは、サプリメントなどからも手軽に摂取できます。
別名「ビタミンP」とも呼ばれていますので、気になった方は検索されるとすぐに商品も見つかると思います。
最近視力に自信がないという方は、是非お試しください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄