コーヒー1日何杯までか

2017年10月31日

仕事中やふと一服をつくときなどにコーヒーを飲んでリラックスされるという方は多いのではないでしょうか。
しかし、コーヒーは飲みすぎるとあまりよくないということも耳にします。

それは、カフェインを含んでいるからです。
コーヒーには、約100mL中に40~60mgのカフェインを含んでいます。
カフェインは、コーヒーを飲んで20~30分程度で吸収され血流に乗って全身に行き渡りますが、実際に血中濃度が高くなるのは4時間ほどかかるといわれています。

では、どの程度の量までなら問題なく摂取しても良いのかですが、1日3~5杯までなら問題ないでしょう。
欧州食品安全機構では、成人の方が摂取して体に影響がないとみられる1日当たりのカフェインの最大摂取量を設定しています。

その量は400mg/日です。

つまり、先程のカフェインの量を計算すると、150mLのコーヒーを5杯程度までなら摂取しても問題ないということになります。
(カフェインをコーヒーのみから摂取すると仮定した場合)

実際に、コーヒーを日常的に1日3~5杯程度飲むという習慣は体に悪い影響を及ぼさないという科学的根拠も提示されています。

ただ、カフェインには覚醒効果があり、摂り過ぎてしまうと夜眠れなくなったりしたことがある方もいらっしゃると思います。
カフェインには、覚醒効果によって仕事の効率を高めてくれたりする効果もありますが、逆に上記のような副作用もあります。

ですので、コーヒーを飲む際は、飲み過ぎや飲む時間を考えるように心がけましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OME)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄