薄毛が気になる方はシャンプーを少なめに使いましょう

2017年11月08日

年齢とともに、お肌だけではなく髪の毛もハリやツヤがなくなってきたという方も多いのではないでしょうか。
こういった抜け毛や薄毛といった症状は、更年期症状のひとつでもあります。

しかし、薄毛の悩みというのはなかなか他人に相談もしずらいものです。
そのため対処法もわからず困っているという方のために、本日はちょっとした対策をご紹介します。

まず、男性と女性の薄毛の特徴には違いがあります。
男性は部分的に全く生えなくなることが多いですが、女性の場合は全体の量が少なくなっていくのが特徴です。

それは、薄毛の原因がそれぞれ異なるからだとされています。
男性の場合は、男性ホルモンが強いために育毛を阻害されてしまうということ。
女性の場合は、出産や年齢を重ねることにより女性ホルモンのバランスが乱れたり、遺伝や栄養不足などが考えられます。

正直、現代の医学でも、根本から薄毛を改善する方法というのはありません。

しかし、日々の生活の中のあることで、薄毛の予防を行うことができます。
それはシャンプーです。

このシャンプーで重要なのは、実は量です。

薄毛の予防のためにシャンプーの量を少なめにすることが非常に大きなポイントだったのです。
シャンプーを多く取り過ぎてしまうと、シャンプーの泡で洗えていないのに洗えているという錯覚を起こしてしまう場合があります。
そうなってしまうと、洗い残しが出てきて余分な皮脂などが残ってしまい、薄毛の原因になってしまいます。

ですので、シャンプーの量がいつもより少ないかな?と思うくらいでも十分ですので、意識して行いましょう。
また、ご存知の方も多いと思いますが、ゴシゴシと強く頭皮をこすってももちろんいけません。
指の腹で頭皮をマッサージするイメージで行うようにしましょう。

最後に、シャンプーのあとにドライヤーで乾かさないのも良くありません。
そのままにしてしまうと、多湿を好むカビ菌などが増殖し、頭皮環境の悪化につながってしまいます。
ですので、シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かすよう心がけましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄