腸の温活をしましょう

2017年11月10日

気温がどんどん寒くなり、冷え性をお持ちの女性の方は特にこれからの季節は悩ましいのではないでしょうか。

本日は、冷え性をお持ちの方にオススメの腸温活についてお話しいたします。

まず、現代人には冷え性が多いといわれています。
約60年ほど前の東大医学部のデータによると、約7割の人の体温が36.6~37.2度で、37度を超えている人が約4割もいたそうです。
しかし、現代人においては、それよりも1度近く体温が下がっているといわれています。

男性と女性を比較した場合、女性のほうが冷え性は多いです。
女性のほうが体脂肪が多めで、男性は筋肉量が多いです。
熱を作り出すのは筋肉ですので、筋肉を多く持つ男性のほうが冷えを感じにくいからだと考えられています。

また、実際に体温が1度下がってしまうとどのような影響があるかというと、免疫力が約30%も落ち、代謝は12~20%も落ちるといわれています。
これにより、様々な病気のリスクも増えてきてしまいます。

そこで、オススメなのが腸温活なのです。
腸温活とは、体全体を温めて、コンディションを整えることによって、健康だけでなく美容も目指せるというものです。
ポイントとしては、「食物繊維を多く含んだ朝食をしっかり食べて、腸の働きをよくすること」です。

体温が低下しがちな朝に体を温めてくれる朝食を上手に摂ることで冷えを改善してくれます。
例えば、具だくさんの味噌汁やスープなども良いかと思います。
具だくさんだとしっかりと噛むので、満腹中枢を刺激して腸の働きも良くしてくれます。

さらに、食べるだけでなく外からも腸を温めることもオススメです。
例えば、湯たんぽをデスクワーク中でも膝の上に置いておくことで、体温の低下をかなり抑えることができるでしょう。

これで、冷え性はかなり改善されると思いますので、是非お試しください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄