マスクをつけながら寝て風邪予防?

2017年12月19日

12月も半ばに差し掛かり、年末の準備に追われている方も多いのではないでしょうか。
そんな忙しい時には体調も崩しがちです。

皆さんは、こんなことを聞かれたことはないですか?

「マスクを付けて寝ると風邪を引きにくい」

実はこれ、本当なんです。
風邪は起きているときよりも寝ている間にひくことが圧倒的に多いそうです。
日中は唾液の分泌などで、のどの粘膜も守られていますが、睡眠中は粘膜が乾いてしまいウイルスや菌が貼りついて増殖しやすくなってしまいます。

マスクを着用して寝ることで、呼吸中に含まれる水分によって、のどの粘膜を乾燥させずに済みます。
つまり、風邪の予防へとつながってくるのです。

また、乾燥を防ぐために、寝室に加湿器などを置くことも同様の効果が期待できるでしょう。
さらに、空気清浄機を使ってウイルス自体を除去したり、こまめに寝室を掃除してハウスダストを減らすことも意識するとなおよいです。

年末まで、体調を崩せないという方は是非マスクを着用して就寝してみてはいかがでしょうか。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄