疲労回復に良い食品とは?

2018年02月05日

朝晩の気温の変化が激しく、疲れが溜まってしまうという方はいらっしゃいませんか?

そんな方に是非お役立ていただきたい、『疲れた時にオススメの食品』を本日はご紹介します。

●クエン酸
筋肉の疲労時にクエン酸を摂取すると、エネルギーが効率よく作れるようになり、乳酸の処理も早くなります。

食品例:レモン、梅干し、お酢


●ビタミンB群
体を動かすためには、たんぱく質・糖質・脂質の三大栄養素がエネルギーとなりますが、これらの力を十分に発揮するためにはビタミンやミネラルが欠かせません。
その中でもビタミンB群は、脳の機能を正常化したり、造血作用、脂質・糖質代謝などに役立ちます。

食品例:ほうれん草、豚肉、レバー、うなぎ
ビタミンBは水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。炒めたりする調理方法より、煮たり蒸したりする調理法が損失率が少なくすみます。


●イミダゾールペプチド
これは、鶏の胸肉などに多く含まれている成分です。
渡り鳥が休みなく飛び続けられるのは、このイミダゾールペプチドが筋肉疲労を防ぐ働きがあるからだと言われています。
実際に、1日に鶏の胸肉約100gを1週間摂取し続けると、疲労回復に効果があると実証されています。


上記以外に、にんにく注射や栄養ドリンクを飲むと疲労回復に効果がある等聞かれたことはないでしょうか。
実は、にんにく注射や栄養ドリンク、覚せい作用のあるカフェインが入っているコーヒーなどでは、一時的に疲れを感じることがなくなりますが、その後の落ち込みがあり、本質的な疲労回復にはならないそうです。

2月から3月にかけては、1月の気合いや頑張りが「疲れ」となって現れたり、年度末で仕事が増えて忙しくなったりと、とかくストレスがたまりやすい時期です。
本日ご紹介した食材を意識的に摂っていただくことをオススメします。
また、バランスよく食べる余裕がないという方は、それぞれサプリメントからでも摂取することが可能ですので、是非ご活用ください。


『化粧品・サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄