肥満の方は認知症リスク増?

2018年03月08日

日本人の肥満の割合は、厚生労働省の発表によると男性が28.6%、女性は20.3%にも上ること言われています。
こういった肥満の方をメタボリックシンドロームと呼ばれることは、多くの方がご存知かと思います。

また、現在の日本が抱えている問題として高齢化が挙げられます。
割合を見てみると65歳以上の方は、4人に1人を占めるほどになっています。
その高齢者の中で5人に1人が認知症患者であるというデータもあります。

この2つの問題点。一見接点はないようにも見えますが、大きな関わりを持っていたのです。

2003年~2009年にかけてシンガポールで行われた研究では、メタボリックシンドロームと認知症の関係性について調査されました。
その結果、軽度認知障害の発症リスクは、メタボロックシンドロームでは1.46倍に、中新世肥満で1.41倍。2型糖尿病で2.84倍、脂質異常症では1.48倍に上昇しました。

認知症のリスクは、65歳以上の高齢者でなくとも忍び寄っています。
若年性認知症。
もしかすると、このように肥満が関係してリスクを上昇させてしまっているのかもしれません。

運動不足や不規則な食生活、喫煙習慣や過剰なストレスはメタボリックシンドロームのリスクを上昇させます。
すなわち、認知症のリスクを上昇させる要因にもなりかねませんので、中年期でも体重を適正にコントロールすることを是非心がけてください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄