人に聞けない時の予防法

2018年03月27日

実は、日本人の3人に1人は痔にかかっているといわれています。
自分が痔だということを自覚していない方や、恥ずかしくて言えないという方も多くいると思いますので、実際はさらに多いことが予想されます。
それほど、痔とは日本人と密接に関係している病気なのです。

痔だからといって、病院に行きたいけど会社に言って休みを取りずらい方もいらっしゃるかもしれません。
その他にも、まだ我慢できるからといかない方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、痔が悪化してしまうと普段の生活にも影響を及ぼす可能性が出てきてしまいます。

そうならないための予防策を本日はご紹介したいと思います。

●トイレで強くイキまないこと。
一度に全部出そうと強くイキんでしまうと、肛門にかなりの圧力がかかり、痔になりやすくなってしまいます。
また、便意を催してから行けばよいという風に気楽に考えていただければよいかと思います。

●トイレに行くのは便意を感じてから。
トイレには毎日同じ時間に行ったほうが良いということを耳にしたことはないでしょうか。
確かに、同じ時間に排便を行うことは体内リズムを考慮すると理想的ではあります。
しかし、それも意識しすぎるとイキんでしまう原因になってしまうので、あくまでも理想であることを覚えておきましょう。

●肛門をきれいにする。
便の中には刺激物質が多く含まれています。
紙でふくだけでは、かえって痔を悪化させかねませんので、できればお湯で洗い流すことが望ましいでしょう。

●同じ姿勢でいない。
ずっと座っている状態などが続くと、お尻に負担がかかっている状態が続いているということです。
これも痔を悪化させる原因になってしまいますので、注意しましょう。

病院に行って手術するのも大変ですので、以上のことを日ごろから心がけていただければと思います。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄