半身浴の行い方

2018年04月04日

半身浴は、誰でも気軽にできる健康法であり、ダイエット法かつ美容法です。
また、ご家庭で実践しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ただ下半身がお湯に浸かっていればよいかというとそうではなく、やり方が次第で汗のかき方や体の温まり方が全く違ってきます。
本日は、そんな身近な半身浴の正しいやり方についてご紹介します。

まず、半身浴が体にどのような影響を与えてくれるかを簡単にお話しします。

①発汗によるデットクス効果
半身浴は全身浴に比べて体への負担が少なく汗をかける入浴法です。
日頃体内に蓄積されている毒素や脂肪分が汗と一緒に流れ出ることによって、直接的な消費カロリー以上のダイエット効果が期待できます。

②ストレス解消
半身浴を行うことで、副交感神経を優位に働かすことができるので、リラックス効果が期待できます。
体の緊張をほぐして、精神状態をリセットしてくれるのです。

③冷え症改善
半身浴は体の芯から温めるので、血行を促進し、血行不良の方や特に下半身の冷え症にお悩みの方に効果的です。

④美肌効果
先程ご紹介したデトックス効果によって、新陳代謝の向上がお肌の再生能力にも作用し、美肌効果が期待できます。

⑤疲労回復
半身浴によって血液の循環が良くなり、溜まった乳酸も体外に排出されやすくなるので、疲れた体をほぐしてくれる効果があります。

半身浴を行うことでこれだけたくさんの効果を得ることができるのです。
次に、半身浴のやり方についてお話しいたします。

まずお湯の温度は38℃~40℃程度で、少しぬるめのお湯程度が良いでしょう。
そのお湯が入った浴槽に入り、足を伸ばしてみぞおちに水面がくる程度がお湯の量としては理想的です。

入っている時の姿勢も重要で、頭はできるだけ真っ直ぐのままにし、お湯につけたタオルを首元に巻いてクッション代わりにすると、温タオルの効果でさらに血流促進につながります。

半身浴を開始してから、汗をかき始めるのは大体20分程度かかります。
ですので、最低でも20分は入浴した方が良いでしょう。

ただし、これから気温も上昇する中で、長時間半身浴を続けるのは脱水症状を引き起こしかねません。
のどが渇いていなくても、少しずつ水分を口にしながら入浴するようにしましょう。

半身浴は手軽に行うことができる入浴方法ですが、一番重要なことはしっかりと体調管理した上で、正しい入浴法を心がけるようにしましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄