やはり咀嚼は大切!

2018年04月11日

子供のころなどに、良く噛んで食べなさいと注意されたことがある方も多々いらっしゃるかと思います。
もしかすると、大人になってもあまり噛まずに食べる癖が治っていないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

噛んで食べる=咀嚼(そしゃく)とも呼ばれますが、咀嚼が体に良い影響をもたらすことは様々な研究でわかっています。
良く知られているのが、咀嚼によって満腹中枢が刺激され、ある程度の食事量でも満足することができるや、咀嚼することで唾液が分泌し、虫歯の予防になるなどがあります。

しかし、最近の研究によって下記のような効果があることが分かったのです。

食事をすると、体に吸収された栄養素の一部がエネルギーとして消費されるのですが、そのことを食事誘発性熱産生と言います。
研究では、被験者に同じ食事を摂ってもらい、早く食べた場合とゆっくり食べた場合(咀嚼をしっかりした場合)で、食後3時間の食事誘発性熱産生を比較しました。
その結果、早く食べた場合に比べてよく噛んで食べた場合のエネルギー消費量が2倍も差が出るということが分かったのです。

咀嚼することでダイエットにつながることは知られていましたが、エネルギー消費量にも関わっていることが判明しました。

早食いは、肥満のリスクを高めることもわかっています。
ダイエットや健康のためにも、今一度しっかり食事では噛んで食べることを意識してみましょう。

一度口に入れたら30回を目標にしてください。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄