魚油やブルーベリー摂取で認知機能向上

2018年06月20日

日本では長年叫ばれている少子高齢化。
そんな高齢者が増えていく中で、認知症患者が増えていることも大きな問題です。

しかし、最近の研究によって魚油やブルーベリーの摂取によって認知機能が向上するという可能性があることが分かってきました。

アメリカの大学での研究によって発表されたもので、魚油やブルーベリーのサプリメントを摂取することで、高齢者の認知機能向上に効果が期待されるとのことです。
この2つの成分を組み合わせて同様の効果が得られるかは関連性が見られませんでした。

研究では、軽度の認知機能低下の自覚を持った62~80歳の高齢者76人を対象に行われました。

その中で、魚油摂取群、ブルーベリー摂取群の2グループで認知力低下の症状が軽減されていたのです。

魚油にはDHAやEPAが含まれており、認知機能が向上する可能性は様々な研究で明らかになっています。
ブルーベリーにはアントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。
それらが作用しているかは分かりませんが、ブルーベリーにも認知機能向上の可能性があることが分かりましたので、ブルーベリーを摂取している方は、是非そのまま継続していただきたいです。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄