汗が臭うワケ

2018年07月12日

気温が高くなってくると、体温調節のために自然と汗が出てきます。
汗をかきやすい人、かきにくい人がおり、汗のせいで体臭が気になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この体臭として気にしている汗ですが、実はもともと無臭です。
汗はエクリン腺という汗腺から出てきます。
そのエクリン腺から出てきた汗が時間が経ち、皮脂や垢と混じって雑菌が繁殖し臭いが発生してしまいます。

それを防ぐためには、においが発生しないように対策することが重要になります。

汗に雑菌が繁殖して体臭へと変化する時間の目安は1~2時間程度といわれています。
ですので、1~2時間おきに汗をタオルで拭き取ると体臭の予防につながります。

しかし、その際に注意しなければならないのが乾いたタオルを使用しないことです。
乾いたタオルを使用すると、必要な皮脂や汗も拭き取ってしまい、余計に汗が出てきてしまいます。
使用するタオルは、一度濡らして固く絞ってから使用するようにしましょう。

また、制汗剤を使用することも有効的です。
スプレーや制汗シート、軟膏やスティックタイプなど様々な種類が発売されていますので、ご自身のライフスタイルに合った商品をご使用ください。

汗をかいても、正しくケアしてあげることで臭いは抑えられますので、上記の予防法をご参考にしていただければと思います。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄