病は気からは本当なのか?

2018年07月18日

皆さんは『病は気から』という言葉を耳にしたことがあると思います。
気が滅入っていると病気にかかりやすく、気持ちが前向きだと病気にかかりにくいという意味が込められています。

実際に、この“気”と“病”との驚くべき関係性を調べた研究がありました。
その研究結果とは、ストレスを感じている時に、ストレスをどのように受け止めて対応したかを示す、ストレス対処行動により、炎症状態が変化する可能性があるというものです。

多くの人は、心理的なストレスを受けた時、ストレスに対応するような行動をします(ストレス対処行動)。
この行動によって、ストレスによる負荷が軽減されるのです。

また、近年の研究では慢性的な炎症が続くと、肥満や糖尿病などの生活習慣病や動脈硬化が進行しやすくなることが明らかになっています。

今回の研究では、前向きな考え方を持ち、積極的な問題解決に取り組んで対処行動をしている人は、炎症の状態が軽い傾向があることを突き止めました。
日々の生活や仕事などでのストレスは、炎症の原因になりますが、ストレス対処行動によって軽減できる可能性があるのです。

つまり『病は気から』という言葉のとおり、ストレスに対応できる能力を高めることで、体の本来持っている強さを引き出すことができるのです。
常にポジティブな考え方を持ち、自分から積極的に行動を起こしストレス(病)に負けない強さを手に入れましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄