食べ過ぎ予防はお皿を変えること?

2018年07月27日

私達が生きていくうえで、食べるという行為は必要不可欠です。
しかし、ダイエットを志している人や、食事療法を続けている人の多くは食事の量を制限する必要があります。
でも、満足感を得ることができないという方のために、満足感が得やすくなる簡単な方法をご紹介します。

その方法とは、『お皿を変える』ことです。
これは、普段使っているお皿以外なら何でも良いという訳ではありません。

お皿のサイズに着目して欲しいのです。
大きめのお皿を使って食事をして得いると、気づかないうちに食べ過ぎてしまったという経験はないでしょうか。
ある研究では、お皿のサイズを小さくすると満足感を得やすくなったというデータが出ているのです。

実際に、皿の直径を30㎝から25㎝に変えただけで、カロリー摂取量が平均して22%も低下したのだそうです。
お皿のサイズを小さくしただけで、食事の量が増えるように感じられるため満足感を得やすく、摂取カロリーが低下したと言われています。

また、お皿の色も食事の満足感に影響すると言われています。
食品と食器の色が同じだと、自分がどれだけ料理をお皿に盛ったか分かりにくくなります。
逆に、食器と料理の色をはっきり分けることができれば盛り付ける量が分かり易くなり、その結果食べ過ぎの予防につながるのです。

これらは、お皿を変えること意外は、全て脳が勝手に判断してくれるので、非常に楽に食べ過ぎを防ぐことができます。
普段の食事に使用しているお皿の“サイズ”と“色”をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄