子供の肥満の分かれ目は?

2018年08月21日

肥満が私たちの体に悪影響をもたらすということは、多くの方が理解さえているかと思います。
大人は、肥満かどうかは体系である程度判断することができます。

ただし、子供の場合はどこからが肥満なのかを見分けることが非常に難しいものです。
本日は、その子供の肥満の見分け方をご紹介します。

子供の場合、大人のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のように、見た目が痩せていて内臓に脂肪がたまっているということはまずないです。
ほとんど、皮下脂肪型肥満になり、中等度、高度肥満の子供の場合は、内臓脂肪もたまり動脈硬化などの生活習慣病の危険性も出てきてしまいます。

そうならないために、肥満傾向にあるお子さんをお持ちの方は、日ごろよりある程度食事の量などをコントロールしてあげることが必要でしょう。

お子さんが肥満かどうかを調べる方法は、下記の計算式より求めることができます。
文部科学省が発表している性別や年齢、身長別標準体重を当てはめて肥満度を割り出します。

肥満度(%)=実測体重(kg)-身長別標準体重(kg)÷身長別標準体重(kg)×100

これが、20%以上だと肥満ということになります。

成長期のお子さんなどは、急激なダイエットは体に負担がかかってしまい良くありません。
しかし、太りすぎはも良くありません。

背が伸びて、一時期太っていても自然とスッキリ細くなることも多いですので、規則正しい生活をし、過食を控えて、体を動かす生活をさせてあげてください。
また、定期的にお子さんの体をチェックすることで、肥満の危険信号をいち早く読み取ることもできますので、可能範囲で心がけましょう。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄