メタボじゃなくても高コレステロールに注意を

2018年09月12日

メタボな方が注意したいコレステロールですが、実は痩せている方や標準体重の方でも総コレステロール値が高い方が増えてきているそうです。

国が実施した全国調査で、長期にわたって追跡していったエビデンスによるもので、対象者の日常生活や生活の質、死亡した場合の原因などを調べました。
この研究では、1980~2010の10年ごとに行われ、参加したのは全国の50歳以上の男女です。

その結果、肥満の割合は10年ごとに男性は増えており、女性はほぼ横ばいでした。
詳細を見てみると、肥満の方が適正体重の方に比べて高コレステロールにどれだけなりやすいかという点に関しては、男性は1980年では2.4倍、1990年では2倍、20000年では1.4倍、2010年では0.9倍となり割合としては減っていった。
女性に関しても、1980年が1.4倍、1990年は1.3倍、2000年は1.1倍、2010年も1.1倍となり、こちらも減少傾向にありました。

しかし、女性の適正体重に比べて痩せている方を比べてみると、1980年が0.4倍、1990年が0.7倍、2000年が0.6倍、2010年が1倍と、痩せていても高コレステロールになりやすいという結果が出たのです。

これによって、肥満の方だけが高コレステロールに気を遣うべきということが疑問になってきます。

現代の食生活と30年前の食生活は明らかに変わってきています。
30年前の肥満になりやすい人は高脂肪の食事を摂っている傾向があったため、高コレステロールになりやすかったと考えられます。
今はだいぶ生活も豊かになり、痩せている人でも脂肪の多い食事を摂ることができています。
これが関係している可能性があるのです。

体重が増えないからと脂分の多い食事ばかり食べていると、こういった高コレステロールになりやすくなってしまいます。

体重の多い少ないに関係なく、野菜なども多く食べることを心がけてバランスの取れた食生活を送りましょう。



『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄