甘いものは日中に食べましょう

2018年09月18日

ダイエットしているのについつい甘いものに手が出てしまうという方は多いのではないでしょうか。
あまり我慢しすぎてしまうと、その反動で食べ過ぎてしまうこともありますのでよくありません。

では、いつ甘いものを食べればよいのか。
それは活動時間帯である日中です。

夜行性のラットを使った実験で、人間の日中の活動時間帯に当たる夜間にだけエサを食べるグループと、時間にかかわらずエサを食べるグループに分けて、4週間後に肝臓の脂肪量などを調べたものがあります。
結果は活動時間帯に糖質を与えたグループは、肝臓に含まれる脂肪量が明らかに増えていたのです。
血中の中性脂肪量も、活動時間帯に餌を与えたグループよりも約1.2倍多かったことが分かりました。

つまり、甘いものを活動量の多い時間帯に摂取することで、消費してくれる可能性があるということです。
ついつい甘いものが食べたくなってしまうという方は、できるだけ活動量の多い時間帯を選んで、甘いものを欲を夜に出さないよう工夫することがダイエット中に甘いものを食べるコツではないでしょうか。


『化粧品、サプリメントの受託製造(OEM)ならSUNAO製薬まで』

株式会社SUNAO製薬

〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原2丁目74番地
TEL:0985-26-2210

FAX:0985-26-2215 

受託製造サポート地域

北海道(札幌),青森,岩手,秋田,宮城(仙台),山形,福島,東京,神奈川(横浜,川崎),埼玉(さいたま),千葉,茨城,群馬,栃木,愛知(名古屋),静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川(金沢),富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫(神戸),滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄