SUNAO

株式会社 SUNAO製薬

化粧品・サプリメント・医薬部外品受託製造

SUNAO PHARMA INC.

電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

原料

MATERIALS

イソフラボン

イソフラボンに期待される効果

●骨粗鬆症の予防効果

●更年期障害の症状を改善する効果

●美肌効果

●生活習慣病の予防・改善効果

 

 

 

1日推奨摂取量

イソフラボンの1日あたりの目安摂取量は、40~50mgとされています。サプリメントとしてイソフラボンを摂取する場合は、1日の上限値がアグリコン型として30mgと定められています。

 

 


大豆などに多く含まれる、
女性ホルモンに
似た働きをする『イソフラボン』

イソフラボンは、大豆た葛(くず)の根やクローバーなどにも含まれています。イソフラボンは、最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。


イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるポリフェノールの一種です。今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆イソフラボンは、骨粗しょう症や更年期障害、乳がんなどの女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が抗がん効果の研究に乗り出しています。

また、1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボンがメインテーマと思えるほどイソフラボン関連の研究が相次ぎました。

このように欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がんなどの発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究しています。

食品からイソフラボンを摂る方法として、最も含有量が多いのはきな粉だと言われています。
きな粉は、大豆を炒ってから皮をむき、ひいた状態のものです。製造工程の中でイソフラボンの流出が少なく、イソフラボンを効率よく摂取することができる食品です。