bars_24
電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

ウコン

原料のご紹介

ウコンに期待される効果

  • 肝機能の向上
  • 食欲増進効果
  • 血流改善効果
  • 免疫を高める
  • 腸内環境を整える
  • 脳機能を活性化させる効果

1日推奨摂取量

ウコンの健康への効果を期待するのであれば、1日0.5mg以上を継続して摂取するとよいと言われています。

肝機能を強力にサポートする『ウコン』

ウコンとは、原産地が東インド地方で、アジアやアフリカ、中南米などに広く自生しているショウガ科の仲間です。
ウコンは、ポリフェノールの一種である黄色い色素の『クルクミン』を多く含むことで知られており、香辛料や着色料として人々の間で広く利用されてきました。沖縄と鹿児島の一部でのみ栽培されており、代表的なものに「秋ウコン」「春ウコン」「紫ウコン」「黒ウコン」があります。

「秋ウコン」には二日酔いの原因物質を分解させる働きが強いといわれるクルクミンが特に多く含まれています。秋ウコンはカレー粉やたくあんの色素に使用されており、さまざまな用途に利用されています。

「春ウコン」は、精油成分、ミネラル分が豊富で抗酸化作用、抗がん作用、コレステロールの抑制などが期待されています

また、食物繊維も豊富なので、整腸作用もあるといわれています。

「紫ウコン」は、胃潰瘍や胃がんの原因とされる、ピロリ菌に効果を発揮するといわれていて、主に胃腸薬の原料として使用されています

また、さまざまな成分が少しずつ含まれているので、口臭予防、糖尿病の予防・改善、不整脈の予防・改善など多岐にわたる生活習慣病に効果があるといわれています。

「黒ウコン」は、根茎の断面は濃い紫色をしており、クルクミンを少量含みます。ミネラルの一種であるセレンやポリフェノールの一種のアントシアニンも含んでおり、滋養強壮に良いとされています。

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)