電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

カフェイン

原料のご紹介

カフェインに期待される効果

  • 覚醒効果
  • 利尿作用
  • 鎮痛作用
  • 脂肪燃焼作用
  • アルツハイマー病発症抑制
  • 口臭予防
  • 糖尿病予防

1日推奨摂取量

一回に摂取できるカフェインの摂取量は200~300mg程度が上限です。再度服用する場合には、3~4時間空けてください。一日の摂取上限は1000mgとなっています。

コーヒー豆や茶葉などに含まれる天然のアルカロイド成分『カフェイン』

カフェインは、コーヒー豆、茶葉、カカオ豆などに多く含まれる天然のアルカロイド成分の一種です。

アルカロイドは、依存性が多少ありますが、タバコなどと違って強い依存性はありません。

カフェインには様々作用があり、覚せい作用、脂肪燃焼作用、運動能力向上などです。

また、服用しても安全性は高く、風邪薬などに使われており、主に鎮痛作用に役立っています。
ただ、カフェインを過剰摂取してしまった場合は、中毒症状を起こす可能性がありますのでご注意ください。

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)