電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

難消化性デキストリン

原料のご紹介

難消化性デキストリンに期待される効果

  • 食後血糖値の上昇を緩和
  • 食後中性脂肪の上昇を緩和
  • 整腸作用
  • 内臓脂肪・中性脂肪・コレステロールの低減
  • ミネラルの吸収促進

1日推奨摂取量

ADI(許容一日摂取量)の定められていない、安全な素材です。

一過性の緩下作用がある方もいますが、ED50は1.6g/kg・体重です。(体重60kgの人が1度に96gの難消化性デキストリンを摂取すると50%の人に緩下作用が現れる)

トクホ成分としても有名な『難消化性デキストリン』

食物繊維には大きく分けて『不溶性食物繊維』と『水溶性の食物繊維』の2種類があります。不溶性の食物繊維は、いわゆる繊維質の線維で野菜や芋などに多く含まれるセルロースなどです。

水溶性の食物繊維は、果実や海草に含まれるペクチンやガム類です。一般的な働きとしましては、不溶性の食物繊維は、腸の蠕動運動を刺激し排便を促し、排便量を増やします。

水溶性の食物繊維は胃の中で水分と一緒にゲル化することで、糖分やコレステロールなどの吸収を抑える働きがあります。
また、水溶性の食物繊維も水分を多く含むため排便量を増やします。

難消化性デキストリンとは、文字通り『溶けにくいデキストリン』のことを呼びます。
とうもろこしのデンプンなどを焙煎しアミラーゼで加水分解したものを取り除き分解されなかった『難消化性』の部分を精製した水溶性の食物繊維です。

便秘や腹部膨満感を解消する整腸作用コレステロールや中性脂肪の体内での蓄積を抑制する作用、そして腸内での糖分の吸収を妨げて、食後の血糖上昇を抑制する作用や、継続摂取により糖代謝の改善や脂質代謝の改善体内に蓄積された脂肪減少の作用があることも報告されています。

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)