電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

マカデミア種子油

原料のご紹介

マカデミア種子油に期待される効果

  • エモリエント作用

化粧品成分表示名称

マカデミア種子油

30代以降の肌になじみやすい『マカデミア種子油』

マカデミア種子油はその名の通りマカダミアナッツから得られる種子油です。正式にはマカダミア(Macadamia)と呼ばれますが、化粧品成分表示名としてはマカデミア種子油、医薬部外品名としてはマカデミアナッツ油と記載されます。

マカデミア種子油はパルミトレイン酸を約20%含有し、皮脂の組成に類似しているため、皮膚に馴染みやすいのが特徴です。

パルミトレイン酸は、30代から加齢とともに減少していくため、パルミトレイン酸を補うエイジングケア商品成分としても活躍しています。しかし、10代~20代の肌は既にパルミトレイン酸が豊富なため、毛穴やキメの悪化につながるとも考えられているので注意が必要です。

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)