bars_24
電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

GABA(ギャバ)

原料のご紹介

ストレスの多い現代人に『GABA(ギャバ)』

GABAは天然アミノ酸の一種で、正式名称はγ‐アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)と言い、この頭文字を取ってGABA(ギャバ)と呼ばれています。

私たちの体内にも存在する天然の遊離アミノ酸(タンパク質を構成しないアミノ酸)ですが、ストレスにさらされていたり、加齢に伴って減少します。

GABAは神経伝達物質として、脳の興奮を鎮めたりストレスを和らげてくれる働きが期待できます。

そのため、最近では安眠やリラックスをサポートする成分として注目を集めています。

GABAを摂ることで神経伝達物質を抑制し、その結果、興奮状態が落ち着くので気分が穏やかになり、ストレスや不眠解消に役立ちます。

また、女性特有のPMS(月経前のイライラなど)にも効果があると言われています。

逆に不足すると興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなるため、リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまいます。

GABAに期待される効果

安眠・リラックス効果

GABAは別名『癒しホルモン』とも言われます。

人は興奮状態になると、脳内でアドレナリンやドーパミンといった興奮系の神経伝達物質が多く分泌されますが、GABAにはそれらの分泌を抑える働きがあります。

その結果、脳はリラックスした状態になり、心地よい睡眠をサポートしてくれるんです。

血圧を下げる

GABAには高血圧の主原因である過剰な塩化ナトリウム(塩)を排出する効果があることが分かっています。

また、人は興奮すると血管が収縮し血圧が上昇しますが、GABAは興奮を鎮めるため血管の緊張が緩み、結果的に血圧を下げるとされています。

コレステロールや中性脂肪の抑制

GABAは肝臓や腎臓など、内臓のはたらきを活発にして代謝を高め、血中のコレステロールや中性脂肪を抑える効果があると言われています。

GABAが多く含まれる食品

GABAは食品から摂取することが可能で、発芽玄米、チョコレート、キムチ、トマト、大豆、大麦、ぬか漬け(ぬか)等に多く含まれています。

また、GABAは体内でも合成されますが、ビタミンB6にはその合成を助ける働きがあるので、青魚、ヒレ肉、ササミ、にんにくなどビタミンB6を多く含む食品を摂取するのもオススメです。

ただし、GABAは睡眠中に合成されるので睡眠サイクルの乱れや短時間の睡眠は禁物です。

1日推奨摂取量

30mg~50mg

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)