電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

受託製造あれこれ

BLOG

食後に腹痛を毎回繰り返すのは、過敏性腸症候群かも

何か悪いものを食べたり、体調が悪いわけではないのに食後お腹が痛くなる、ある時間になると決まってトイレに行きたくなるという方は意外と多いんです。

症状自体は重篤なものではありませんが、その症状のせいで日常生活に支障が出てくる場合もあります。

学校や仕事に行きたくないと感じる方も居らっしゃるかもしれません。

このような症状を「精神的なもの」、「体質だから」と諦めないでください。もしかしたら過敏性腸症候群(IBS)という病気かもしれません。

過敏性腸症候群には症状により複数の治療法がありますが、食事改善法で症状が改善されたという事例もあります。

※同じような症状で重篤な病気もありますので、まずは消化器内科など病院で診断を受けてください。

 

食後や決まった場所で起きる腹痛の症状

食後は毎回お腹に不快感がある、電車や試験中、会議中などの決まった場所で腹痛が起きるという方は、「過敏性腸症候群」を疑ってみてください。

世界中で、人口の10~15%が悩んでいると推定される病気で、女性がかかりやすいとされています。

(参照元:International Foundation for Functional Gastrointestinal Disorders

 

過敏性腸症候群(IBS)とは

IBSはIrritable Bowel Syndrome の略で腹痛や下痢、便秘、ガス溜まりなどの腸の異常が続く過敏性腸症候群という病気です。

<参考:日本消化器学会ガイドライン IBS

過敏性腸症候群は世界的にも罹患者が多く、研究も進められています。

 

消化器内科を受診しましょう

大腸がんや炎症性腸疾患などの病気は過敏性腸症候群と似たような症状が出る病気もあります。

そのため、自己判断せず、まずは消化器内科などで血液検査、内視鏡などの検査を行い、それらの可能性を除外する必要があると思います。

特に便に血が混じっている、体重が減っている、発熱があるなどの症状がある場合は別の病気の可能性がありますので、早急にかかりつけの病院へ行くことをおすすめします。

 

食べ物が原因の可能性も

私たちが普段よく口にしている食材の中には、うまく消化・吸収されずに腸に残ってしまい、発酵してガスを発生させる性質のものがあります。

過敏性腸症候群の方は腸が過敏になっているため、その発酵したガスや残ってしまった食材のカスの刺激を受けて症状を引き起こしてしまうのです。

その食材の中には、腸の健康に良いとされるヨーグルトや納豆などの食材も含まれています。下痢や便秘などの症状を改善しようとそれらの食材をすすんで摂り入れることで悪化させている方もいらっしゃるかもしれません。

 

食べ物が原因の場合は食事療法で改善できる

食べ物が原因の場合、原因となる食材を取り除く、または制限する食事療法を実践することで症状が改善されることがあります。

実際にこの食事療法で多くの過敏性腸症候群の方の症状が改善したと報告されています。

その食事療法が低フォドマップ食です。

食事療法なので、お金をかけることなく、副作用の心配もなく始めることができます。

※ただし、栄養の偏りが出てきたり、個人によって食材の適合性が異なりますので、専門家の指導の下実施することをおすすめします。

 

フォドマップ(FODMAP)とは

Fermentable:発酵性の

Oligosaccharides:オリゴ糖(フルクタン、ガラクトオリゴ糖)

Disaccharides:二糖類(ラクトース)

Monosaccharides:単糖類(フルクトース)

And

Polyols:ポリオール(ソルビトール、マンニトール、イソマルト、キシリトール、グリセロール)

 

これらの頭文字を組み合わせた言葉がフォドマップです。

発酵しやすい4種類の糖質を指します。

「低フォドマップ食」はこの4種類の糖質を制限した食事療法です。

日本では認知度が低いですが、海外ではお腹の不調時に取り入れる一般的な食事療法として知られています。

オーストラリアのモナッシュ大学の研究によると、低フォドマップ食の食事療法を行った過敏性腸症候群の患者4人のうち3人の症状が改善されたと発表しています。

<参考:MONASH University

 

低フォドマップ食材一覧

下記はフォドマップの含有量が少なく、腸内での発酵性が低いため過敏性腸症候群の症状が出にくいとされる低フォドマップの食材の一例です。

種類食材例
野菜茄子、青梗菜、唐辛子、ピーマン、ニンジン、きゅうり、レタス、ジャガイモ、トマト、ズッキーニ
果物ブドウ、キウイフルーツ、マンダリン、オレンジ、パイナップル、イチゴ、バナナ
乳製品と代替品アーモンドミルク、カマンベールチーズ、フェタチーズ、ハードチーズ、無乳糖ミルク、豆乳(大豆タンパク質から作られる)
たんぱく質卵、固い豆腐、加工していない肉、魚介類
穀類コーンフレーク、オート麦、キノアフレーク、米、コーンパスタ、餅、スペルト小麦
甘味料・菓子類ダークチョコレート、メープルシロップ、米麹

引用:High and low FODMAP foods | MONASH university

 

反対に、FODMAPの糖質を多く含むものを高フォドマップと呼びます。

過敏性腸症候群の方が高フォドマップ食材を食べると、発酵しガスを発生させ、症状を起こしてしまうためなるべく避けたい食材です。

ここで注意したいのが、低フォドマップ食のやり方です。

低フォドマップ食とは上記高フォドマップ食材を避け、低フォドマップ食材だけを食べ続けることで終わりではありません。

高フォドマップの食材を避けてクリアな状態になった腸に、フォドマップ含有食材を一つずつ試していき、どのフォドマップ食材が自分の腸に合っているのか、合わないのかを見極めながら自分なりのレシピを見つける食事療法です。

関連記事

過敏性腸症候群(IBS)と診断された、もしくは自分は過敏性腸症候群かもしれないと感じている方は、原因も曖昧で、解決策の見えないこの病気のせいで辛い日々を過ごしているかもしれません。 症状自体は腹痛、下痢、ガスによる膨満感、と重[…]

 

自己流食事療法はオススメしません

低フォドマップ食は多くの過敏性腸症候群の症状を改善させていますが、食品の選択の幅を狭めてしまうため、栄養の偏りが懸念されます。

また、非常に複雑な食事療法で、きちんと行われなければ効果は得られません。

そのため、まずは専門医(消化器内科)に受診し症状を確認した上で、管理栄養士の指導のもと低フォドマップ食を実践することをおすすめします。

製造に関するご相談・お見積り無料! お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)