0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)

OEM(受託製造)コラム

BLOG

人気の完全栄養食の種類とOEM製造依頼のポイント

食事をしている女性の写真

近年、サプリメントの中でも完全栄養食が注目を集めています。

栄養バランスを手軽に整えることができるので人気が出ており、市場も拡大が予測されています。

これから健康食品の製造を検討中の方で、商品の方向性が定まらない方は完全栄養食の製造を検討してみてはいかがでしょうか?

SUNAO製薬では完全栄養食の製造について、ご相談を受け付けております。製造についてのご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

完全栄養食(完全食)とは

食事をしている女性の写真完全栄養食とは1食で、1日の摂取するべき栄養素(ビタミンやタンパク質、ミネラルなど)を摂取することができるように作られた食品の事です。

ただし1日分の栄養素を完全栄養食だけで摂取する事は推奨はせず、あくまで1食分(1日の1/3)の栄養を完全栄養食で接種する方法で販売されているのが一般的です。

1日分の栄養素の定義は公的機関や政府組織から出されている栄養素の一覧を参考にしています。

参考:日本人の食事摂取基準(2020 年版) 

完全栄養食が人気の理由

完全栄養食は、それだけで必要な栄養素を補給できるので、コストパフォーマンスに優れた食品といえます。

バランスのとれた栄養の食事を準備するには多くの素材が必要で、コンビニでバランスの取れた食事を購入すると1000円以上は必要です。

費用を抑えられて、栄養を補給できる便利さも人気の理由の一つです。

また、食事の栄養を考えなくて良いので、考える時間・準備する時間がなくなり時間の短縮になります。

バランスの取れた食事を簡単に、手軽に始められるのも人気です。

ただし、完全栄養食は少ない食事やドリンクで必要な栄養素を補給するので、食事としての満足感を得にくいというデメリットもあります。

また、長期的に完全栄養食を続けた場合、噛む力(咀嚼力)や飲み込む力などが衰えてしまう可能性はあるので、3食全てを賄うことは避けた方がよいかもしれません。

完全栄養食の市場は成長市場

成長を表現する階段の写真

現時点で完全栄養食市場の規模としてはまだ小さいですが、2024年には145億円規模の市場になるという調査結果があります。

2019年に発表された資料によれば、2021年は40億円の予測だったので、4年で3.6倍の成長率を見ると、これからチャンスのある市場だと言えます。

2024年度の完全栄養食品市場は約145億円。

参考:株式会社 日本能率協会総合研究所のプレスリリース|PR TIMES 

もともとは液体や粉末の商品は食品が主流でしたが、パスタやパンまた、インスタント食品などでも完全栄養食の商品が発売されてきています。

今後、様々な商品形態で販売されていくとも予測でき、通販中心から今後は小売店での取り扱いなども広まると考えられています。

販売されている完全栄養食の種類

パンやクッキーの写真

完全栄養食でも様々なタイプの食品形態があり、また今後新しい形状での商品が販売される可能性はあります。

現在、主に販売されている完全栄養食のタイプについてご紹介します。

粉末タイプ

最もスタンダードのタイプで、粉末を水などの液体で溶かして飲むタイプの完全食です。

製造も粉を配合するだけので比較的簡単で、コストを抑えた製造が可能です。

配合した粉末を袋詰めして販売する形態が一般的です。

プロテインのように飲むタイプのほかに、スープのようにしてお湯で溶かして飲むタイプもあります。

ドリンクタイプ

各種栄養素を溶かしたドリンクをパッケージして販売している商品です。液体なので、すぐ飲める手軽さが人気です。

ペットボトルや缶、紙パックなど一般的に販売されているドリンクと同じようなパッケージで販売が可能です。

粉末を高含有させることが難しく、ロットも非常に多くなってしまうため、製造コストは大きくなってしまいます。

食材タイプ

パスタやパンなど、食材もしくは食事自体に栄養素を配合して販売している商品です。

満足感を得られるので、多く食べたくないけどドリンクでは物足りない層に人気です。

お菓子・パンタイプ

クッキーなどのお菓子やパンに栄養素を添加して完全栄養食とした食品です。

ダイエット中の女性などは食べることに抵抗を感じます。我慢せず食べてもいい食品として販売されています。

少量で栄養を補給できるので、ダイエット目的で完全栄養食を取り入れる方には人気です。

インスタント食品タイプ

即席麺や即席スープを完全栄養食にアップグレードした商品です。

完全栄養食に手軽さと即席麺の手軽さが相まって人気の商品形態です。

即席麺を食べる罪悪感や、栄養を取れてない罪悪感の払拭ができるので男性を中心としたターゲット設定をされています。

食品メーカーが完全栄養食市場に進出してきており、コンビニなどの既存の流通を利用して販売しているので、大手の強みを生かした商品展開をしています。

一般的な即席麺に比べれば高めの商品価格で販売されています。

レトルト食品タイプ

既存のレトルト食品に栄養を添加して販売している商品です。

普通の食事と同じように食べれるので、満足感満腹感は得られやすい商品です。

好きなものを食べて栄養バランスを気にしなくて良いと言うメリットとしては大きいので、食事として満足したい方にはオススメの商品です。

SUNAO製薬で販売している完全栄養食

SUNAO製薬には独自商品として完全栄養食の健康食品を販売していますので紹介します。

ママテイン

ママテイン パッケージ写真

妊婦さんや育児で忙しいママさんのために作ったドリンクタイプの完全栄養食です。

粉末状の商品で、牛乳や水などに溶かして飲むことで1日の1/3の栄養素を補給することができます。

自分のことより子供のことを優先しているあまり食事があまり取れないこともあるので、手軽に作って飲めるドリンクタイプの完全食を作りました。

また妊娠中の方向けに葉酸を配合しているので妊婦さん・子育て中の方にはもちろん、タンパク質たっぷりで腹持ちが良いのでダイエット中の女性にも飲んでもらいたいドリンクです。

関連記事

ママのための栄養ドリンク 現在、2人の男の子のママで、3人目を出産した現役ママスタッフが、子供の世話が中心で自分の食事を疎かにしがちなママたちのために、1日に必要な栄養素の1/3を補給できるドリンクを開発しました。 毎日続けられるように[…]

ママテイン パッケージ写真

完全栄養食の製造依頼する際のポイント

人差し指を立てている女性写真

完全栄養食はアメリカで生まれ、その手軽さから人気になりました。

基本的には手軽に栄養補給できる事が共通のコンセプトではありますが、類似商品との違いも考慮しなければ商品の魅力が際立ちにくいので、以下のポイントを検討しましょう。

コンセプトを明確に

栄養補給が出来るのは当たり前なので、実際に使われる方の「どんな悩みを解決するのか」、「何を強みとするのか」を考えましょう。

  • 女性のための栄養素を添加して、女性好みの味にする
  • プロテインを添加して、体作りを目的としている男性にアピールする

今後の市場が成長すれば、市場に商品があふれてくる事が予測できますので、これから製造する場合には違いを出すコンセプトが必要です。

味にもこだわる

完全栄養食は食事の代わりとして摂取します。栄養を補給するだけであれば、カプセルや錠剤の栄養サプリメントを取ることで事足りてしまいます。

せっかくの食事のための商品なので、食事と同じくらい味にはこだわりましょう

利用者も美味しい方が楽しめますし、美味ければリピート購入してくれやすくなります。

味は重要な商品の魅力ですので、十分吟味しましょう。

製造する場合のロット・費用感

SUNAO製薬では完全栄養食の製造をお受けする場合の費用・ロットは以下の表をご確認ください。

ロット1,000袋~
最短納期2カ月半~
費用120万円~

製造する処方や原料によってはロット、費用、納期は異なります。

完全栄養食のご相談をお受けいたします。

電話している男性の写真SUNAO製薬では完全栄養食のOEM製造をしております。

完全栄養食以外にも各種サプリメント化粧品などの委託製造をお受けしております。

初めてOEMで健康食品の製造・販売をご検討中の方でもお気軽にご相談ください。

サプリ、健康食品についてお気軽にご連絡ください。

0985-26-2210
メールによるお問い合わせ

製造に関するご相談・お見積り無料! お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)