電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

マカデミア種子油

原料のご紹介

30代以降の肌になじみやすい『マカデミア種子油』

マカデミア種子油はマカダミアナッツから抽出された種子油です。

マカダミアナッツはオーストラリアの原住民だったアボリジニがごちそうとして食べていた実で、現在も美容・健康効果が高いとして多く食されています。

化粧品原料のマカデミア種子油はパルミトレイン酸を約20%含有し、ヒトの皮脂の組成に似ているため、肌への浸透性が高いのが特徴です。

このマカデミア種子油に含まれるパルミトレイン酸は、ヒトの皮脂にも含その浸透性の高さからバニシングオイル(消えるオイル)とも呼ばれ、スキンケア、ヘアケア商品によく使用されていますまれますが30代から加齢と共に減少します。すると、肌のバリア機能が低下し肌の乾燥に繋がります。

パルミトレイン酸を補うことでバリア機能を改善し、エイジングケアにも繋がります。

しかし、10代~20代の肌は既にパルミトレイン酸が豊富なため、マカデミア種子油を使用することで、パルミトレイン酸が過剰になってしまい、毛穴詰まりやキメの悪化につながるとも考えられているので注意が必要です。

 

マカデミア種子油に期待される効果

保湿効果

油膜で皮膚や毛髪を覆うことで、水分が蒸散するのを防ぐエモリエント剤としての役割を持ちます。

 

化粧品成分表示名称

マカデミア種子油

 

マカデミア種子油で化粧品を製造する場合

肌なじみが良いため、クリーム、乳液、美容液などに良く使用されています。オリジナルマッサージオイルの製造も可能です。

マカデミア種子油を使った化粧品の製造をご検討の方はお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)