SUNAO

株式会社 SUNAO製薬

化粧品・サプリメント・医薬部外品受託製造

SUNAO PHARMA INC.

電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

受託製造あれこれ

BLOG

サプリメントや化粧品を販売するにあたって



弊社では、サプリメントや化粧品などの受託製造を行っております。

お客様からお問い合わせを頂き、そのイメージを商品化するのが私たちの役割です。

そのお問い合わせを頂く際にお客様から多くのご質問を頂くのですが、その中でも多いご質問と注意点をご紹介いたします。

サプリメント(もしくは化粧品)を販売するにあたって許可や資格は必要ですか?


この答えは、『必要ありません』です。この答えは、『必要ありません』です。


ただし、ご自身で製造する場合は、サプリメントであれば「菓子製造業」や化粧品であれば「化粧品製造業」などの許可が必要になります。

その点に関しましては、弊社へご依頼いただければ完全にパッケージングまで行った商品を納品させていただきますのでご安心ください。



表示にはご注意ください


サプリメントや化粧品を製造するにあたって、いずれも『法定表記』というものが存在します。

例えば、何で作られていてどのように使用するのかなどです。

一般的に販売されているサプリメントや化粧品にはすべて記載されています。

そういった表示に関しましては、弊社で表示案を作成いたしますのでそれを基にデザインを作成していただきます。

間違った表示になってしまうと、販売停止や商品回収などの恐れがございますので、十分注意しましょう。



薬機法(旧薬事法)を守りましょう


サプリメントや化粧品を販売するにあたって、効果効能を謳いたいという方は多いと思います。

ただし、医薬品とは違いサプリメントや化粧品には薬機法(正式名称:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)というものが存在します。

旧薬事法といった方が分かる方は多いかもしれません。

これにより、サプリメントは基本的に効果効能を謳うことはできません。

栄養機能食品や機能性表示食品に関しましては、決められた効能のみ謳うことが許されています。

化粧品に関しましては、化粧品の効能の範囲で謳うことが許されています。

結論を申し上げると、一般的なサプリメントや化粧品は特別な資格を持たなくても販売することは可能です。

ただし、それを製造するとなると特別な許可が必要であると認識しておいてください。

表示に関しましては、法律で決められている文言等ございますので、記載の誤りなどには十分ご注意ください。

また、販売する際も薬機法を遵守しましょう。

弊社ではこれらの経験と実績がございますので、皆様の商品づくりを一からサポートいたします。

是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。