電話でのお問い合わせは 受付時間:9時〜17時(土日祝を除く) 0985-26-2210

NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)

原料のご紹介

染色体の末端部にあるテロメアと呼ばれる部分は老化に関係有ると言われています。

細胞分裂のたびにテロメアが短くなり、一定の長さ以下になると細胞分裂が行われなくなり老化が始まります。

サーチュインは、細胞分裂のたびに発生するテロメアの短縮を抑制するなど遺伝的な調整をおこない寿命を伸ばすと考えられています。

サーチュインを活性化させる成分として注目されているのが、NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)と呼ばれるナイアシンの代謝物です。

NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)を摂取することにより、間接的に長寿遺伝子であるサーチュインの活性化が行われ、老化の抑制に効果があると期待されています。

期待される効果

  • エネルギー代謝の改善
  • インシュリン感受性の向上
  • 骨密度の増大
  • 老化抑制

 

一日推奨摂取量

100~250mg

健康食品・サプリメント・化粧品の製造の
ご相談・お見積り無料!
お気軽にお問い合わせください。

※メールは24時間受け付けております

0985-26-2210

受付時間:9~17時 (土日祝を除く)